WorkStyle Cafe〜雇われない働き方とは?〜起業への第一歩/開催しました

11223697_852261338191126_5213552394203441883_n

7/20福岡市スタートアップカフェにて、福岡地域戦略推進協議会(FDC)によるWorkStyle Cafeを開催しました。福岡市は「グローバル創業・雇用創出特区」で様々な創業支援も充実しスタートアップ企業が次々生まれていますが、現時点で「起業したい!」とはっきり目標がある人ばかりではないと思います。今回は「フリーランス」「パラレルキャリア」など雇われない働き方に興味がある方にご参加いただき、なぜそう考ているのかを参加者同士で話しながら自分の考えを深めていただきました。そして「訪日外国人観光客」と「ローカル」が繋がる新しいインバウンド拠点「SUiTO FUKUOKA」をOpenする『七條ふみ』さんをゲストに迎え、アグレッシブなワークスタイルについてお話いただき、私も含め参加者の皆さんは大いに刺激を受けたようでした!終了後も多くの方が残ってくださり「働き方について話す場は今までほとんどなかった」「ゲストの話はとても参考になった」「初めて会う方と話すことで考えが広がった」など、嬉しい感想をいただきました。

広告

フォーラム福岡Under40交流会

u40cafe

福岡/九州の近未来をデザインするパブリックアクセス誌「フォーラム福岡」第60号 福岡を担うU40群像 各分野で活躍する40歳未満の人材を紹介! に掲載いただいたメンバーでの交流会を開催しました。 お店は、冒頭で私も一緒に座談会をさせていただいた、総務省地域資源・事業化支援アドバイザーの林田暢明さんのお店「TAO」にて。

「食・農」「アート・文化」「サイエンス」「まちづくり」「ヒトづくり」「IT・デジタル」「ビジネス」「総合・その他」の幅広いジャンルから集まり、普段はあまり接点の無い視点やテーマに花が咲きました。 同じような時代背景を生きてきた「同世代」というのもまた、共感しやすい軸になるものだと思います。しかし、Under40とUnder30、そして20、10とそれぞれ時代背景は異なるので、ひとくくりに「Under40=若い、これから」という意味では全く、日々時は進んでいき、まさに「今が人生で一番若い時」だなぁと思います。

今回は経営者が多く、企業組織育ちの私としては皆さんのプロ意識やアグレッシブさにただただ圧倒されるばかりでした。でも果たして、福岡の近未来をデザインするのは、経営者だけでしょうか? 組織の中で、主だった役職などは着いていなくても、それはそれで必死に近未来を切り開こうとしている同世代はたくさんいます。Under40のメンバーと、彼らが接点を持ち、化学反応が起こるような場をつくりたいなぁと改めて思った交流会となりました。